矯正歯科(全顎矯正)

全顎矯正はこんな方におすすめ

全顎矯正はこんな方におすすめ

上下の歯全体に矯正装置を付けて歯を整える全顎矯正は、力を支えるアンカー(固定源)が安定しやすいので、歯並びの調整がしやすいです。かなり凸凹した歯並びや、出っ歯受け口などの噛み合わせの調整が必要な症状に適した矯正治療です。

  • 部分矯正で歯並びを治すことは難しいと言われた
  • 歯並びを噛み合わせから根本的に治す必要がある症状
  • かなり凸凹した歯並び
  • 上下の歯がかみ合っていない開咬(かいこう)
  • 上の歯がかぶさり下の歯が見えていない過蓋咬合(かがいこうごう)

全顎矯正における当院の特徴

  • 矯正を熟知した歯科医師による安心の矯正治療
    矯正は、症状に合わせて適した治療法や進行状況に適した処置が必要です。当院では、全顎矯正治療の知識を所有した歯科医師が知見と経験を活かして全顎矯正を行います。
  • 目立ちにくい矯正治療
    当院では、透明のブラケットや、透明のワイヤー、白いワイヤーなどを使った目立ちにくい矯正治療を複数ご用意しております。
  • 患者さまの負担が少ない治療
    矯正治療専門の歯科医院の場合、虫歯などの矯正以外の処置は、提携の病院を紹介するケースが少なくありません。当院では、虫歯や歯周病など矯正治療以外の歯の治療も行っておりますので、院内ですべて治療をすることができます。
  • 充実したアフターフォロー
    当院では、矯正治療完了後も患者さまのキレイな歯列を維持できるように、充実したアフターケアをご用意しております。症状に適した保定装置を装着して、歯の戻りを防ぎます。

また、矯正治療を完了されたすべての患者さまに、費用をいただかずホームホワイトニングをご提供しております。きれいな歯並びと、白くて美しい歯の両方を実現していただけます。

当院では、主に次の3つの全顎矯正をご用意しております。

ブラケット矯正 マウスピース型矯正歯科装置
メリット ・治療期間が短い
・治療費が安い
・実績や歴史のある矯正治療
・目立たずに矯正治療ができる
・取り外しができる矯正なので、歯が磨きやすい
・食事をいつも通りにできる
・矯正治療と同時にホワイトニングもできる
デメリット ・矯正をしていることが目立つ
・ワイヤーを締める時に多少痛みが発生することがある
・スポーツなどで口元をぶつけるとケガをする恐れがある
・1日20時間程度、矯正装置を装着しないと十分な効果を得ることができない
・症状によっては適用できない
・治療費が高い
・ワイヤーを使った矯正よりも治療期間が長い
適した症状
軽度~重度の症状まで幅広く対応できる

重度の症状など一部適用できない症状がある
期間
1年半~2年半(症状によって異なる)

2年~3年(症状によって異なる)
痛み
ワイヤーを調整する時に多少痛みを感じる場合があるが2・3日で緩和する

新しいマウスピースに変えた時は多少違和感があるが、痛みはほぼない
費用感
矯正治療の中では最もお手頃

治療費が高い

ブラケット矯正とは、歯の表側にブラケットと呼ばれる矯正装置を装着し、そこに透明のワイヤーを通して矯正をする方法です。矯正の種類の中でも、最も歴史が長く症例実績も多い矯正方法です。軽度~重度の症状まで幅広く適応できることが、ブラケット矯正の特徴です。また、他の矯正よりも短期間かつ手頃な費用で矯正治療ができることもブラケット矯正のメリットといえるでしょう。

通常金属製のブラケットを使いますが、当院ではできるだけ目立たずに矯正治療ができるように、前歯は透明のブラケットを使って矯正治療を行います。

透明のマウスピースを1日20時間程度装着して、歯並びを改善します。ブラケット矯正のようにすべての症例に適応することはできませんが、矯正器具が目立ちにくいことや、取り外しがいつでもできるので食事や歯磨きがしやすい矯正として人気があります。

矯正治療における抜歯と非抜歯のそれぞれの特徴

当院ではできるだけ歯を削らない、歯を抜かない矯正治療を心がけています。ただし、成人など顎の成長が止まっている場合は、歯を削ったり抜歯をした方がきれいな歯列を実現できる場合があります。当院では患者さまの症状に合わせて、ベストな矯正治療をご提供することを念頭に抜歯をするか判断します。

全顎矯正の流れ

1:ご予約

当院は、完全予約制です。Webまたはお電話よりご予約をお願いいたします。
Webの場合:24時間受付可能です。こちらからご予約ください。
お電話の場合:受付時間内に045ー473-1808までおかけください。

診療時間
   9:00~12:30
14:30~18:30
土曜午後は14:30~16:30(最終受付 16:15)

※最終診療時間は、各診療終了時間の15分前までです。
※休診日:水曜日・日曜日・祝日

2:受付

ご予約当日は、保険証のご提示をお願いいたします。また、お持ちの方はご紹介状やお薬手帳も一緒にお渡しください。
お待ちいただくお時間で問診票をご記入いただきます。

3:矯正相談

歯科医師より問診票を確認しながら、患者さまの歯並びの悩みをヒアリングさせていただきます。また、視診で全顎矯正の可否や治療費の概算や治療期間をお伝えさせていただきます。このようなご相談には費用はかかりませんので、初診の方のみ初診費用をお支払いください。

4:精密検査

細かい治療計画をお伝えするためには、視診だけでは分からない細かな口腔内の状況を確認するために精密検査が必要です。

  • 口腔内写真
  • レントゲン写真
  • 歯の型取り

5:コンサルティング

口腔内やレントゲン写真、歯型などのデータをもとに、患者さまに適切の治療計画を立案します。治療計画の詳細や、注意点、治療費や治療期間などの説明を丁寧に行います。わからないことがあればお気軽にご相談ください。

6:矯正治療スタート

治療計画書・承諾書に署名と捺印をいただきましたら治療を開始します。治療方法は、ブラケット矯正とマウスピース型矯正歯科装置で異なります。

ブラケット矯正

歯の表面にブラケットを装着します。そこに透明のワイヤーを通して行きます。1ヵ月毎に通院をしていただき、ワイヤーを少しずつ締めて歯並びを整えます。

マウスピース型矯正歯科装置の場合:

治療に必要なマウスピースを作製します。2週間ほどでマウスピースが出来上がったら、再度通院をしていただきます。その時に実際に使うマウスピースで、装着と脱着の練習をします。2週間毎に新しいマウスピースに交換しながら、少しずつ歯並びを整えていきます。

7:矯正完了

治療計画に基づき、矯正治療が進んでいるか口腔写真などを使い確認します。理想の歯並びを実現出来たら矯正治療は完了です。

8:保定期間

矯正治療が完了した直後は、歯が後戻りしやすいので保定装置と呼ばれるリテーナーを装着して、歯の裏側から保定をします。3~6ヵ月に一度、定期健診を受けていただき経過観測をしたり、リテーナーに故障がないかなどを確認。必要な際は、歯のクリーニングをして歯石の除去を行います。症状によって異なりますが、保定期間はおおよそ4∼5年です。

全顎矯正の治療費

精密検査費用 13,200円(税込)
※全顎矯正ができないケースは、診断料が変わる場合がございます。予めご了承ください。
ホワイトワイヤー 2,000円(税込)
ブラケット矯正 750,000円~950,000円(税込)
マウスピース型矯正歯科装置 300,000円~1,000,000円(税込)
矯正装置の調整料 5,500円(税込)/月
保定調整費 3,300円(税込)/月
精密検査費用 13,200円(税込)
※全顎矯正ができないケースは、診断料が変わる場合がございます。予めご了承ください。
白いワイヤーをご希望の場合 2,200円(税込)
ブラケット矯正 750,000円~950,000円(税込)
セラミック矯正 650,000円~850,000円(税込)
マウスピース型矯正歯科装置 300,000円~1,000,000円(税込)
矯正装置の調整料 3,300円(税込)/月
保定調整費 3,300円(税込)/月

医療ローンについて

患者さまにあった返済プランで無理なく治療を受けていただけるよう、当院では、医療ローンをご用意しております。ご希望の方はご遠慮なくお申し付けください。

返済シュミレーションの例

矯正治療 850,000円
返済年数 7年(84回払い)
月々の返済額 11,800円

ご自身でシュミレーション行う場合はこちら